>  > 子ども・子育て会議(第43回)での御挨拶(ということです)

サービス二ュースService News

一覧へ戻る
NEW!!

子ども・子育て会議(第43回)での御挨拶(ということです)

-白梅学園大学大学院・特任教授無藤隆先生のFace Book拾い読み

画像1

子ども・子育て会議(第43回)での御挨拶(ということです)
日時 令和元年6月25日(火)13:00~15:21

では、私も会長としての任務を終わりますので、御挨拶をさせていただきます。子ども・子育て支援制度が始まって4年過ぎたところでありますので、その間、こういう立場をさせていただきました。

そして、その前の準備、2年間あったと思います。実は、その前にワーキンググループがあって、そこでも大日向さんと一緒にいろいろして、今、思い起こしたら、その前には、認定こども園の発足というのは、その前は総合施設でしたけれども、その最初からそういえばということで、何年間だかよくわからないのですけれども、いろいろな形でかかわらせていただいて、私個人としてどう役立ったかは別として、いろいろ問題がまだたくさんあるのは、きょうの皆さん方の御意見でよくわかるのですけれども、曲がりなりにもここまでやってこられたということについては、思い起こせば、多少個人的には感動を覚えるようなことだと思います。

無償化という非常に大きな予算を伴うところまで来ているということで、本当によかったと思うのですが、もちろん、質の向上とか、待機児童問題とか、あるいは認可の幼稚園、保育園、認定こども園以外のさまざまな場においての充実をどうするかとか、いろいろな課題があります。それについて、次回以降、新しいメンバーで、ぜひ御議論と実践の向上を目指して具体化をお願いしたいということで、私は、会長とともに委員も、ここで終わりにさせていただきますので、感謝申し上げたいと思います。
ありがとうございました。