>  > 幼児は新しい遊具の使い方を探索し、相手の持つ目標や能力に合わせて教える事ができる

サービス二ュースService News

一覧へ戻る

幼児は新しい遊具の使い方を探索し、相手の持つ目標や能力に合わせて教える事ができる

-白梅学園大学大学院・特任教授無藤隆先生のFace Book拾い読み

画像1

幼児は新しい遊具の使い方を探索し、相手の持つ目標や能力に合わせて教える事ができる。

From Exploration to Instruction: Children Learn From Exploration and Tailor Their Demonstrations to Observers’ Goals and Competence
Hyowon Gweon Laura Schulz
First published: 10 April 2018 https://doi.org/10.1111/cdev.13059
Thanks to Veronica Chu and Mika Asaba for help with data collection and coding. T ... More
Read the full text

PDF
Tools Share
Abstract
This study investigated whether children learn from exploration and act as effective informants by providing informative demonstrations tailored to observers’ goals and competence. Children (4.0–6.9 years, N = 98) explored a causally ambiguous toy to discover its causal structure and then demonstrated the toy to a naive observer. Children provided more costly and informative evidence when the observer wanted to learn about the toy than observe its effects (Experiment 1) and when the observer was ordinary than exceptionally intelligent (Experiment 2). Relative to the evidence they generated during exploration, children produced fewer, less costly actions when the observer wanted or needed less evidence. Children understand the difference between acting‐to‐learn and acting‐to‐inform; after learning from exploration, they consider others’ goals and competence to provide “uninstructed instruction”.

幼児は新しい遊具の使い方を探索し、相手の持つ目標や能力に合わせて教える事ができる。

探求から学ぶ: 子供たちは探求を学び, オブザーバーの目標と能力を探求する.
ローラシュルツ
最初に出版された: 10年4月2018日https://doi.org/10.1111/cdev.13059
データ収集とコーディングをサポートするために, ヴェロニカチューとミカ浅羽に感謝します. T-more
全文を読む

PDF
ツールシェア
抽象化
この研究は, 児童の目標や能力に合わせて有益なデモを提供することで, 子どもたちが調査や行動を学ぶかどうかを調査 子供(4.0-6.9年, n = 98)は, その因果構造を発見し, そのおもちゃを素朴な観察者に示した. オブザーバーがその効果を観察するよりも, そのおもちゃについて学びたいと思ったときに, より高価かつ有益な証拠を提供している(実験2). 観察中に生成された証拠の相対的なものである. 子供たちは, オブザーバーが欲しがったり必要な証拠を必要としていると, コストが少ない 子供たちは, 学習と行動の違いを理解しています. 探求から学んだ後, 彼らは"uninstructed 命令"を提供するための他の目的と能力を考慮しています.