>  > <スポーツクラブ「メガロス」>新体育スクール 「ミライク」 が誕生

企業ニュースNews from companies

一覧へ戻る
【経営 環境 その他】企業ニュース

<スポーツクラブ「メガロス」>新体育スクール 「ミライク」 が誕生

-~2018年4月よりサービス開始~

画像1

スポーツクラブ「メガロス」を展開する野村不動産ライフ&スポーツ株式会社は、運動神経と脳育に着目した子ども向け新スクール事業「ミライク」を2018年4月1日より開始する。

《運動神経と脳育により“運動センス”を作る新型スクール》
ミライクは、神経系が著しく発達して運動能力の基礎が形成される「プレゴールデンエイジ」と呼ばれる時期の3~8歳の子どもを対象に、「リズムトレーニング」・「コーディネーション」・「体育」の3つのプログラムを融合し、様々な動きを楽しみながら行うことを通じて、スポーツの上達に影響する運動神経を刺激し“運動センスを作る”メガロスオリジナルの新型体育スクールです。ミライクを通して、個々の子どもに合ったスポーツを見つけることが期待できます。

<プログラム内容>
◆リズム体操 「ミラリズム」
梯子(ラダー)を床に置き、音楽に合わせてその上を走る、跳ぶなどするラダートレーニングをします。「前進運動(スピード)、足踏み・ジャンプ・クロス(アジリティ)、手拍子・リズム変化(クイックネス)」を組みわせることで、運動能力だけでなく、脳へも働きかけ、空間認知・判断力の向上が期待できます。
◆コーディネーション 「ミラコット」
ドイツ発祥の運動神経を鍛えるトレーニング方法であるコーディネーショントレーニング(COT)をメガロス流にアレンジ。しっぽ取り・鬼ごっこ等のゲームを行い、協調性やルールの習得、作戦を考えるなど頭脳や心を育む「集団COT」、様々な動作に連続してチャレンジしながら自然と運動能力が身に付く、「サーキットCOT」の2つのプログラムから構成されます。
◆体育 「ミラジム」
「走る」「ジャンプ」「マット」という3つの柱に集中した運動を行い、進級階級をクリアしていきます。学校の体育授業で能力を発揮・成長を実感できるように、小学校の体育に合わせて進めていきます。

<スキャモンの発育曲線>
「スキャモンの発育曲線」とは、20歳における成長発育レベルを100%とした場合に、身体の各組織の発達・発育していく特徴を「リンパ型」・「神経型」・「生殖型」・「一般形」4つの系統に分けてグラフで描いたものです。スキャモンの発育曲線によると、8歳~9歳までに神経系が90%形成されます。ゴールデンエイジと呼ばれる9歳~12歳の時期には、神経系の発達がほぼ完成に近づくため、その前の神経系が著しく発達するプレゴールデンエイジがスポーツの基礎作りの上で重要な時期となります。ミライクのプログラムは、この時期の神経系にアプローチすることで、将来、様々な運動を行うことができる体の基礎作りや、それぞれの子どもが自分自身に合ったスポーツを見つけ出すことをサポートします。
==================================================
<スクール概要>
名称:運動センスを作る体育スクール ミライク
導入時期:2018年4月1日
対象年齢:3歳~小学3年生
料金:6,000円/月~
導入店舗:メガロス14店舗:
東京:田端・葛飾・中延・三鷹・立川・八王子・町田・
神奈川:横浜天王町・神奈川・綱島・市ヶ尾・上永谷・相模大野・千葉:柏
ホームページhttp://www.megalos.co.jp/school/kids/miraiku.html
==================================================


画像2
画像3
企業ニュース【経営 環境 その他】
住所:〒162-0066 東京都新宿区市谷台町6-3
TEL:03-3351-7511
HP :http://www.hoyusys.co.jp企業詳細へ