>  > 【新サービス】バイリンガルな保育運営委託事業を開始

企業ニュースNews from companies

一覧へ戻る
【経営 環境 その他】企業ニュース

【新サービス】バイリンガルな保育運営委託事業を開始

-助成金を活用し、企業、病院内に高品質な保育所を整備

画像1

バイリンガルな保育運営委託事業を開始。
助成金を活用し、企業、病院内に高品質な保育所を整備。
保育だけではなく教育も行う幼保一体型運営

株式会社CosmoBridge (コスモブリッジ、本社: 神奈川県横浜市)は、『本物のグローバルキッズ』を育てる「バイリンガル幼児園Cosmo Global Kids」の運営ノウハウを活用した保育所運営委託事業を開始すると発表。

同社が運営する神奈川県横浜市中区「バイリンガル幼児園Cosmo Global Kids横浜馬車道園(以下、CGK)」は、2016年4月に開所してから3年目で60名以上のお子さま(定員72名)が通う人気園で、原則週5で8:30から17:00まで預かっており、保育のみならず、通常の保育園や幼稚園では行えないグローバル教育をメインとしたカリキュラムが充実している。
今回福利厚生として保育所整備を検討されている企業/病院様へ、これまで培ってきたグローバル教育の運営ノウハウを活かした保育所運営委託事業を開始することとなった。

保育所を設置するためには、物件の確保、保育士募集、理念や運営条件の決定、行政への届出等、設置をする前から、数多くの準備が必要で、設置後にも保育士教育、保護者対応、カリキュラム作成、監査対応等、運営を行うためにやらねばならないことは大量にあります。
また、それらを行うためには、それなりの資金が必要です。
しかし、ここで保育所整備に関する助成金を活用することにより、事業者の負担をかなり軽減することが可能。

コスモブリッジでは、この助成金の対応も含めて、設置前後のコンサルティングから運営までを一括で請け負う。

画像2
画像3
企業ニュース【経営 環境 その他】
住所:〒162-0066 東京都新宿区市谷台町6-3
TEL:03-3351-7511
HP :http://www.hoyusys.co.jp企業詳細へ