>  > 0歳児から野菜作りに触れることが出来る『プランター農園』体験イベントを実施

コラムColumn

一覧へ戻る
健康・発達心理 教育 保育関連トピックス

0歳児から野菜作りに触れることが出来る『プランター農園』体験イベントを実施

-恵泉女学園大学 藤田智教授監修

画像1

株式会社アウローラ(東京都新宿区)が運営する企業主導型保育施設「ミネルファ中目黒保育園」は、2019年4月23日に恵泉女学園大学 藤田智教授監修のもと、プランターを使用した野菜の種・苗の植え付け体験を行った。

ミネルファ中目黒保育園は保育のこだわりに“食育”をあげており、「食べる・作る喜びを通して、作り手に感謝する心を育てること」を掲げている。

<プランター農園の目的>
・自ら育てる喜びや観察力を養う
・実際の土や草に触れることで五感の発達を促す
・育てた野菜をみんなで食し、食事の楽しさを感じさせる
・カット野菜やジャンクフードではなく、本物に触れさせる

園児は藤田智教授からレクチャーを受け、保護者と一緒に水やり種まきを体験。
初めて体験する園児も多く、皆とても興味を持ち率先して取り組んでいました。
今後、水やりや収穫は園児が行い、収穫した野菜は給食やおやつとして提供する予定。
保護者の方から好評を博し、今秋には第2回を開催予定。

画像2
画像3