>  > 深刻化する少子化に企業が、多額(?)出産祝い金制度を導入

コラムColumn

一覧へ戻る
経営・環境 保育関連トピックス

深刻化する少子化に企業が、多額(?)出産祝い金制度を導入

画像1

5月5日の「こどもの日」にちなんで発表される総務省のレポート「我が国のこどもの数」によると、2019年4月1日現在におけるこどもの数(15歳未満人口)は、前年に比べ18万人少ない1,533万人で、1982年から38年連続の減少となり、過去最少となった。

また、こどもの割合においても、1950年には総人口の3分の1を超えていたのに対し、現在は総人口の12.1%にとどまり、人口4,000万人以上の主要国の中でも日本は最下位を記録している。

この深刻な少子化課題に対して、幼児施設専門の設計事務所 ㈱日比野設計(神奈川県厚木市)は出産祝い金制度をこの5月より導入した。
ちなみに・・・
第一子:30万円
第二子:60万円
第三子:100万円
第四子:150万円
第五子:200万円
を支給する。

各企業の積極的なこのような対策が広がって欲しいものである。