>  > 【イベント】特別展「子ども/おもちゃの博覧会」

コラムColumn

一覧へ戻る
遊び・トレンド その他

【イベント】特別展「子ども/おもちゃの博覧会」

-国立民族学博物館にて、2019年3月21日(木・祝)~5月28日(火)開催

画像1

国立民族学博物館(大阪府吹田市千里万博公園10-1)では、特別展「子ども/おもちゃの博覧会」を、2019年5月28日(火)まで開催している。

日本の社会は、明治の海外からの技術や知識の伝来や、国家による軍隊や学校などの制度の施行、昭和の第二次世界大戦の敗戦などによって大きな変化をこうむり、その時々の子どものありようや人びとの子ども観に影響を与えました。本展では、江戸時代から戦後のさまざまな玩具をつうじ、子どもや子どもをめぐる社会の変遷とその意味を探ります。

●見どころとしては・・・・・・・

1. 日本の玩具が大集合!
本展では、教育玩具から戦後登場したテレビ番組のキャラクター玩具まで、明治時代から1970年代の日本の玩具が一堂に会して展示されます。懐かしいものや今見ると新鮮なもの、さまざまな玩具の中から、お気に入りの一品を見つけてみてください。

2. 社会の変遷とともに変化する玩具を紹介
富国強兵の政策のなかでの戦争を題材にした玩具の登場や、高度経済成長以降の新しい工業・科学技術を反映した玩具など、 世相や流行の変遷とともに玩具も変化し、子どもたちの遊びにも影響を与えてきました。本展では、そうした変化を概観し、玩具と時代と子どものかかわりを紹介します。

3. これからの子どもたちの姿とは?
最後のセクション「遊び続ける子どもたち」では、あえて玩具を展示せず、メッセージカードや伝言板を設置しています。玩具への思いや、展示をご覧になった感想、また新たに思いついた遊びなど、思い思いのメッセージを書き込んでいただき、これからの子ども像について思いを馳せてみてください。