>  > 横浜市緑区に、発達が気になる幼児のための「保育型(親子分離)」児童発達支援が開所

コラムColumn

一覧へ戻る
経営・環境 健康・発達心理 保育関連トピックス

横浜市緑区に、発達が気になる幼児のための「保育型(親子分離)」児童発達支援が開所

画像1

横浜市青葉区・緑区内で認可小規模保育園および児童発達支援教室の6事業所を運営する株式会社十色舎は、2019年4月1日、児童発達支援2拠点目となる「保育型発達支援といろきっず 中山教室」(横浜市緑区中山1-21-17)を開所した。

十色舎は現在、横浜市内に5園の認可小規模保育事業を運営しているが、発達に気がかりなところが見られたり、個別の発達支援が望ましい未就学児(主に1歳半くらいから小学校入学前まで)の居場所は満足にあるとは言い難いという。十色舎スタッフは、少人数制で、園児一人ひとりの個を尊び、丁寧に関わる小規模保育運営の経験を活かして、発達障害児や発達に気がかりなところが見られる子どもが安心して自己を発揮し、小集団での保育(親子分離)と専門的で個別的な療育の両方を通じて、社会的スキルを身につけていける発達支援の場の創造を模索していた。

この度開所した「保育型発達支援といろきっず 中山教室」は、児童発達支援2拠点目となる。

児童発達支援は、発達における明確な判定が難しい未就学期において、発達障害そのものがあるのかないのかに関わらず、発達に気がかりなところがある子が利用する早期療育の場です。
十色舎は、「周りの子に比べるとうちの子は落ち着きがない」「言葉がとてもゆっくり」「言葉が多いけど、いつも一方的に話をして、人の話を聞いてくれない」など、育児に悩まれている保護者の方を少しでもサポートできればと考えている。

【施設概要】
名称:保育型発達支援 といろきっず 中山教室(児童発達支援事業)
開所日:2019年4月1日
利用対象:未就学児小学校入学前の幼児(主に1歳半~5歳児)
住所:〒226-0019 横浜市緑区中山1-21-17 ランドール中山1F
連絡先:045-532-3146(受付:平日9:30〜17:00)
URL: https://hhs-toirokids.com/

画像2
画像3