>  > 【絵本】「いたずら絵本」の決定版『やるとおこられそうなこと』

コラムColumn

一覧へ戻る
その他

【絵本】「いたずら絵本」の決定版『やるとおこられそうなこと』

-子どものいたずらが次々登場!

画像1

岩崎書店から、大人気の絵本作家、川之上英子さんと川之上健さんが手掛けた、ユニークないたずら絵本『やるとおこられそうなこと』が、2019年3月9日に発売される。

◆「こらっ!」がぼくにはほめことば 子どものいたずらオンパレードの絵本
ズボンをかぶって「うさぎ」
キウイを両目にあてて「びっくりしたひと」
スパゲティで「タコ」!
くすっと笑えて、思わずマネしたくなるいたずらが、スピード感あふれる展開で、これでもかと登場。

ページをめるくたびに、次はどんないたずらが?とついつい期待してしまう、抱腹絶倒ユニーク満載のいたずら絵本です。

でも、やるすぎると……?
最後のページ、めくるときはご用心(笑)!


◆デビュー前、息子さんと作った手作り絵本が原案
ご夫婦で絵本を制作している川之上さん。
絵本を作るようになったきっかけは、お子さんの「保育園ぎらい」だったそうです。
保育園に行くのを嫌がった息子さんのために、当時勤めていた職場を辞めて、家にいることにした英子さん。
息子さんが絵本好きだったので、絵本を作り始めたのが今につながっているのだそう。
本作は、そんな絵本作家デビュー前に、家で息子さんと一緒に作った手作り絵本が元になっています。
刊行にあたり、ページをめくったら、いたずらが出てくるという構成に変更し、
いたずらもブラッシュアップして仕上がったのが、この作品『やるとおこられそうなこと』です。

◆子育ての実体験から生まれた作品 家族で笑える絵本
「息子が静かだなと思ったら、乾麺のパスタをパキパキ折って、夫の大事なオーディオのヘッドホン端子に詰め込んでいました。夜、リビングには音楽ではなく夫の悲鳴が響きました」と語る英子さん。
「小さい頃は『おこられそうなこと』ではなく、『おこられるにきまっていること』ばかりしていたので、よく家を締め出されており、入れてもらえそうにないと踏むや、となりのお宅で夕飯を食べていました。その節はごちそうさまでした。」と健さん。
いたずらをめぐるエピソードには事欠かないお二人が手掛けた「いたずら絵本」の決定版!

子どもは、読むと、オリジナルのいたずらをやってみたくなる。
大人は、これでもかと登場するいたずらに、子どもの想像力をみて愉快になる。

画像2
画像3