>  > 明治が、「乳児用液体ミルク」の販売にかかわる許可を消費者庁より取得!

コラムColumn

一覧へ戻る
保育関連トピックス その他

明治が、「乳児用液体ミルク」の販売にかかわる許可を消費者庁より取得!

画像1

災害時などの赤ちゃんの栄養摂取にかかわる社会課題の解決にむけて

乳児用調製液状乳(乳児用液体ミルク)の販売にかかわる許可を取得

株式会社 明治(代表取締役社長:松田 克也)は、乳児用調製液状乳(以下、乳児用液体ミルク)の販売にかかわる許可を消費者庁より2019年3月5日(火)に取得したと発表。

なお明治は、この許可を受け乳児用液体ミルクの販売を開始する。販売する商品の詳細は3月13日(水)に発表を予定している。

明治は『おいしさ・楽しさ』の世界を拡げ、『健康・安心』への期待に応えてゆく」といったグループ理念のもと、乳児用ミルクが必要な赤ちゃんの健全な発育を担う責任に応えるため、1923年から乳児用ミルク事業に携わっており、「赤ちゃんにとっては母乳が最良の栄養源である」という考えのもと、一つ一つの成分を母乳に近づけ、母乳で育つ赤ちゃんと同じ発育を目指して取り組んできた。

このような考えのもと、災害時の赤ちゃんの栄養摂取や、使用する際の利便性の向上を目指した乳児用液体ミルクの販売を開始。

災害時には、衛生的な水を確保できなくなる可能性があり、このような環境下においても、安心して赤ちゃんが栄養摂取できる乳児用液体ミルクを提供することで、赤ちゃんの健全な発育に貢献していく。