>  > 森永乳業の育児ニュース『エンゼル110番レポート第82号』「2018年 年間統計」

コラムColumn

一覧へ戻る
健康・発達心理 その他

森永乳業の育児ニュース『エンゼル110番レポート第82号』「2018年 年間統計」

画像1

森永乳業は、時代とともに変化する母親像の理解に役立つことを願い、1993年4月から「エンゼル110番レポート」を発行している。この「エンゼル110番レポート」は、育児相談窓口「エンゼル110番」への相談内容から、毎回育児に関する傾向についてまとめている。

エンゼル110番は1975年5 月に開設し、2019年5月で44年を迎える。

開設当時の1970年代は、いわゆる「団塊の世代」の出産期が継続しており、大家族から核家族へと育児をめぐる環境が大きく変化した時代でした。そこで森永乳業が「子育て奮闘中のママたちのために何かお役に立てることはないか」と考え、育児用ミルクメーカー初の育児相談窓口として開設したのが「エンゼル110番」です。

今までの相談件数は約96万件(2018年12月現在)。相談者は主にママですが、最近ではパパやおじいちゃん、おばあちゃんも利用。

【主な統計結果】
●2018年相談件数は14,859件、1ヵ月平均は1,238件
●認知経路は「インターネットで検索」が46.3%と増加
●低月齢の子どもの相談数が減り、1歳以上が全体の46.0%を占める
●相談内容で最も多かったのは「相談者自身の気持ち・メンタル」

◇エンゼル110番 電話相談運営概要◇
相談対象 妊娠中~小学校就学前まで
相談員数 21名(保健師、管理栄養士、心理相談員など)
http://www.angel110.jp/