>  > ソニー損保は、そらべあ基金を通じて「そらべあ発電所」を神奈川県の認定こども園に寄贈

コラムColumn

一覧へ戻る
経営・環境 保育関連トピックス その他

ソニー損保は、そらべあ基金を通じて「そらべあ発電所」を神奈川県の認定こども園に寄贈

-太陽光発電設備「そらべあ発電所」の寄贈は、計23基目

画像1

ソニー損害保険株式会社(東京都大田区、以下「ソニー損保」)は、環境保全への取組みの一環として、再生可能エネルギーの普及活動や環境教育を行うNPO法人そらべあ基金(東京都港区、以下「そらべあ基金」)の「そらべあスマイルプロジェクト」を通じて、神奈川県平塚市の認定こども園に太陽光発電設備「そらべあ発電所」を寄贈すると発表。
今回の寄贈を記念し、「そらべあ発電所寄贈記念式典」を2019年2月18日(火)午前10時半から同園で開催する予定。

ソニー損保は、全国の幼稚園や保育園に太陽光発電設備「そらべあ発電所」を設置するため、2009年3月から、自動車保険の「保険料は走る分だけ」とする商品特性を活かした「幼稚園にソーラー発電所を☆プログラム」を運営し、そらべあ基金に寄付を行ってきた。同プログラムによるソニー損保からの「そらべあ発電所」の寄贈数は、同園への寄贈で合計23基となる。

画像2
画像3