>  > 障害児保育分野でICTを全国初導入「エコルド・グループ」

コラムColumn

一覧へ戻る
経営・環境 教育 その他

障害児保育分野でICTを全国初導入「エコルド・グループ」

-障害児保育×IT、障害児教育×ITの構図

画像1

障害児通所支援事業運営グループの「エコルド・グループ」(大阪府箕面市)は、2018年12月17日に株式会社スマートエデュケーション(東京都品川区)と園児向けICT教育カリキュラム「こどもモードKitS」の利用契約を締結し、全国で初めて障害児通所支援事業のカリキュラムに導入すると公表した。

エコルド・グループでは、幼児教育×ITの重要性も注目される中、障害児保育×IT、障害児教育×ITの構図も重要視し、子どもの頃からITに触れ続けていく機会を増やせば障害児保育の場面において専門的な視点から配慮を行えばICT教育が十分に提供可能と考え、契約、導入を決定。

今後は運営するエコルド箕面西小路教室に1月から、同じくエコルド豊中桜塚教室では2月に運用を開始。こども園、幼稚園、保育園と異なり児童発達支援事業では登園日がバラバラであったり、障害特性がバラバラであることも考慮したカリキュラムを独自に組みながら、障害児保育に特化した教案つくり、カリキュラムつくりを行い、障害児保育×ITの普及に努めてゆく。

画像2