>  > 全国初!福島の幼稚園にて AIプログラミングアプリを活用した実証実験を開始

コラムColumn

一覧へ戻る
教育 その他

全国初!福島の幼稚園にて AIプログラミングアプリを活用した実証実験を開始

-~AIを子どもたちが育てる~

画像1

株式会社福島情報処理センター(福島県郡山市)及び、福島コンピューターシステム株式会社(福島県郡山市)は、2社共創“FFプロジェクト”の一環として、学校法人尚志学園 尚志幼稚園(福島県郡山市)にて、共同開発による「AIを子どもたちが育てる、AIプログラミングアプリ『HelloThink!』」を活用した実証実験を2018年12月4日より開始した。

本実証実験は全四回を予定しており、子どもたちがこれから迎えるであろうAI(人工知能)の発達した時代に適応したプログラミング的思考を楽しく身につけてもらうことを目的として「幼稚園の園児約70名(5歳)」に対し授業を実施。AIプログラミングアプリを活用した幼稚園での実証実験は全国初の試みとなる。

AIプログラミングアプリ『HelloThink!』はスマートフォンのカメラで身近にあるモノや描いた絵を撮影し、事前にAIに教えた類似したものの写真と比較させます。AIが同じものであると判断すると認識率をパーセンテージで表示する。AIに何を学ばせるか、学ばせたAIをどのように利用するかを考える力を育んでいきます。

尚志幼稚園における第一回、第二回の実証実験は、「描いた絵で水族館を作ろう!」というテーマで開催。子どもたちに好きな海の生き物を描いてもらい、それをスマートフォンで撮影。すると、『HelloThink!』アプリが「イルカ」や「タコ」など子どもたちが描いた生き物の種類を判定し、認識率をパーセンテージで表。子どもたちは自分の思うような結果が出なければ絵を修正し、どうすればAIに認識されるのか、また、認識率を上げることができるかを思考します。

このようなサイクルを繰り返すことで、プログラミング的思考の基礎が身に付きます。子どもたちにとってAIはまるで友だちのような存在であり、AIの反応を見ながら学習していきます。

描いた絵はスクリーンに3Dビューで表示し、授業が終わるころには子どもたちが描いた海の生き物たちが画面いっぱいに泳いでいる姿を見ることができました。

今後、2019年1月には第三回、第四回の実証実験を予定。

●AIプログラミングアプリ『HelloThink!』紹介ページ
https://ff-project.com/service/hellothink.html

●尚志幼稚園での実証実験詳細ページ
https://ff-project.com/news_615/