>  > 渋谷区立の全保育園で、保育士の業務改善のためのICT活用が始まる

コラムColumn

一覧へ戻る
経営・環境 保育関連トピックス その他

渋谷区立の全保育園で、保育士の業務改善のためのICT活用が始まる

-保育ICTシステムの導入で保育士の働き方改革と保育の「質」向上を目指す

画像1

この度、東京都渋谷区内の全公立保育所20園において、保育士の業務改善のためのICTの導入が決定した。

保育士の業務負担を軽減するために保育ICTシステムを導入することは、東京都内の公立保育所では初めての試み。2019年1月より段階的に運用を開始し、新学期の正式運用開始を予定している。

現在渋谷区では、平成31年以降も9園の新規開設を行い保育の受け皿を増やすなど、待機児童削減に向けた取り組みを継続する一方で、保育課による研修や園巡回など「保育の質」向上にも着目し積極的に取り組みを行っている。
今回、ICTの導入により、保育士の負担感の高い園内帳票の作成管理や保護者連絡などの業務を効率化し、それらに要していた時間を子どもと触れ合う時間やよりよい保育を考える時間に充てることで、保育の質の向上や保育士が長く働ける環境づくりを目指す。

また、事務業務が効率化されるだけではなく、日々の食事や発達、健康状態など、園児にまつわる情報がすべて一元管理されることとなり、渋谷区では、そういったデータを活用することで、将来的に園児に合った最適な保育の提供を行うことも検討してゆく。

画像2
画像3