>  > 保育所の給食費「無償化の対象外」全額実費徴収

コラムColumn

一覧へ戻る
経営・環境 保育関連トピックス その他

保育所の給食費「無償化の対象外」全額実費徴収

画像1

政府は22日、来年10月に始まる幼児教育・保育の無償化に関連し、給食費(食材料費)は無償化の対象外とする方針を固め公表した。幼稚園と同様、認可保育所に通う3〜5歳児の給食費も全額を実費徴収する。

方針は、東京都内で開いた有識者らによる内閣府の「子ども・子育て会議」で示された。給食費の支払いは現在、幼稚園と保育所で異なる。幼稚園は全額を実費徴収で、認可保育所(3〜5歳)の給食費はご飯など主食は実費徴収、おかずにあたる副食は保育料の一部として徴収している。

このまま保育料を無償化すると、保育所では副食費を負担せずに済むことになって、幼稚園と保育所の間に不公平が生じる。学校給食が原則、実費負担であることなどを踏まえ、政府は保育所についても全額実費払いが適当と判断した。