>  > 転職支援を行う人材紹介会社が、シニア保育士の就職支援事業を開始

コラムColumn

一覧へ戻る
人材 保育関連トピックス

転職支援を行う人材紹介会社が、シニア保育士の就職支援事業を開始

-50代・60代のシニア世代対象

画像1

50代・60代のシニア世代を中心に転職支援・人材紹介を行う株式会社シニアジョブ(東京都新宿区)は、このたび新規事業として、就労していない潜在的な保育士人口のおよそ40%を占めるシニア層保育士(50代~)の就職支援事業を始めたと発表した。

保育士不足による待機児童問題が大きな社会問題となっているが、国は現在不足している保育士人数は6.9万人。保育士資格をもちながら保育職に就いていない潜在保育士は全国57万人と試算している。

シニアジョブでは、仮に月10人の保育士人材の転職を支援できたとすれば、単純計算で30人~300人分の児童の入所枠を作り出すことができると試算し、まず月10人年100人の転職支援を目指す。

画像2