>  > “エコの輪をひろげよう!おひさまこっこプロジェクト”で、第一号太陽光発電システムを寄贈

コラムColumn

一覧へ戻る
経営・環境 保育関連トピックス その他

“エコの輪をひろげよう!おひさまこっこプロジェクト”で、第一号太陽光発電システムを寄贈

-~幼稚園・保育園等の教育施設対象~

画像1

太陽光発電事業を中核とした再生可能エネルギーの普及促進を展開している株式会社エコスタイルは、CSR活動の一環として、幼稚園・保育園等の教育施設へ太陽光発電システムを寄贈する企画“エコの輪をひろげよう!おひさまこっこプロジェクト”を実施している。

この度、大阪府松原市の保育園「青い鳥学園」にプロジェクト第1号となる太陽光発電システムを寄贈し、園舎の屋根に設置が完了。2018年8月30日に同保育園にて寄贈セレモニーが開催される。

“エコの輪をひろげよう!おひさまこっこプロジェクト”
https://www.eco-st.co.jp/kindergarten/


【“エコの輪をひろげよう!おひさまこっこプロジェクト”からのコメント】
本プロジェクトを推進する背景には、人々が地球温暖化を身近な問題として捉えることが難しいという課題があります。
近年、地球温暖化により、異常気象や海面の上昇、生態系の異変など、地球環境に対して様々な影響を及ぼしています。この問題を「私たちの暮らしから遠い話」にするのではなく、一人ひとりが当事者意識を持ち、未来の地球環境のため自分にできることはないかを考え、行動を起こす事が求められています。
そこで当社では、本プロジェクトを通じて幼稚園・保育園等の教育施設へ太陽光発電システムを寄贈することで、再生可能エネルギーの普及に貢献するとともに、幼少期から子供たちに再エネを身近に感じてもらい、地球環境に対する関心を高めるきっかけとなる事を目指して、“エコの輪をひろげよう!おひさまこっこプロジェクト”の活動を開始いたしました。