>  > 千趣会チャイルドケアが、「えがおの森保育園・あさくさ(仮称)」を開園

コラムColumn

一覧へ戻る
経営・環境 保育関連トピックス その他

千趣会チャイルドケアが、「えがおの森保育園・あさくさ(仮称)」を開園

-~2019年4月1日新規開所予定~

画像1

株式会社千趣会の子会社で保育所運営事業を行う株式会社千趣会チャイルドケアは、2019年4月1日に東京都台東区に認可保育所「えがおの森保育園・あさくさ(仮称)」を開園すると発表。これによりチャイルドケアが運営する保育所は全国で10園目となる。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【保育園概要】
施設名 :えがおの森保育園・あさくさ(仮称)
開園日 :2019年4月1日(予定)
所在地 :東京都台東区寿3-15-12
定員 :60名(0歳児 6名、1歳児 10名、2歳児 11名、3歳児 11名、4歳児以上 22名)
開園時間 :月曜日~土曜日 7:30~18:30(延長保育:18:30~19:30)
日曜日・国民の祝日・年末年始(12/29~1/3)は休園
職員数 :15名程度(保育士)
建物構造 :鉄骨鉄筋コンクリート造 地上7階建て(うち1階~2階を保育所として整備)
建物面積 :延べ床面積 446.49㎡
※2018年6月13日以降、台東区のホームページ等で認可保育所運営事業者の審査結果などを掲載予定。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

台東区の中でも特に当該地域は待機児童が増加傾向にあり、保育園は当該ビル(ニッキー株式会社所有)建物の1、2階全スペースを当保育園専用に使用することから、園児をはじめ、保護者、保育士にとっても、充分なセキュリティー環境を配備し、安心で安全な保育環境を確保。
また、保育園は近隣の3駅(都営浅草線浅草駅・東京メトロ田原町駅・都営大江戸線蔵前駅)へのアクセスもよいことから、保護者にとって利便性の高い場所となる。

チャイルドケアでは、2013年より東京都内、千葉県内で計7園(保育園専用建屋4園、ビルインタイプ3園)、大阪市内で認可保育所1園、企業主導型保育所1園を整備運営しており、都心の人の往来や交通量の多い商業地域においても、安心・安全な保育園の運営を既に行っており、活気あり国際色豊かな、魅力ある観光地域づくりに力を入れている浅草エリアにおいても、今までの経験を活かして地域貢献をしていく。

画像2