>  > ミライオは、発達障がい児に初の独自プログラム“ボルダリング”の導入を開始

コラムColumn

一覧へ戻る
健康・発達心理 その他

ミライオは、発達障がい児に初の独自プログラム“ボルダリング”の導入を開始

-~クライミングウォールを新設し、脳機能と体力向上目指す~

画像1

運動学習療育特化型児童発達支援放課後等デイサービス『ミライオ』を運営するミライ・オ株式会社は、2018年5月15日(火)より自社初となる独自の療育プログラムにボルダリングの導入を開始した。

これまでは、他の施設でもすでに療育の効果が実証されたプログラムを導入し、軽度の発達障がいを持つ子どもに対して集団生活での自立に向けた療育プログラムを提供してきた。
後藤社長は、2018年5月に茅ケ崎駅前教室の移転をきっかけに、教室内に新たな運動設備を導入し、独自の療育プログラムを開発したいと考え、ボルダリングの導入をきめた。

ボルダリングでは、壁を登り降りする際に関節の曲げ伸ばしや、ふたつのことを同時に行なう協応動作、手と足の動きの双方に気を配るコーディネーション運動で脳と体の動きの連動性を高めるなどの効果が期待できます。また壁を登るためには、岩の色や大きさ、上下左右、体の部位の名称が理解できることが大前提であり、目線を合わせられない不安定な体勢で指示を認識するなど言語能力のトレーニングにもなり、コミュニケーション力の向上も図ることが可能です。

ボルダリングは、遊びの中に取り入れた運動や会話によって全身に刺激を与えることで、脳機能や体力の向上、認知や言語能力の向上など多岐にわたる療育を同時に実現でき、日常生活への適応力を高めることが可能なプログラムです。

スタッフは、クライミングウォールが教室内に新設され、いつでも安全にボルダリングを取り入れた療育プログラムの実施が可能になったことで、子どもたちがより積極的に療育に取り組むようになったとコメント。

▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼
事業所名 :運動学習療育特化型児童発達支援放課後等デイサービス ミライオ茅ケ崎駅前教室
開設日 :2017年11月1日
移転日 :2018年5月15日
所在地 :神奈川県茅ヶ崎市共恵1-7-1 伊澤ビル2F
TEL :0467-53-7335
開校時間 :10:00~19:00
定休日 :年末年始、お盆休み
入校対象者 :発達障がいで受給者証を取得している子ども
入校対象年齢:未就学児~高校3年生
利用料金 :児童福祉法に定められた料金の1割。目安として1日1,100円前後。
※ご利用料金以外に教材費・おやつ代として200円程度/回。
▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼