>  > 標高1,400メートルに泳ぐ成長への願い 清里高原 清泉寮にて『鯉のぼり掲揚式』を開催

コラムColumn

一覧へ戻る
保育関連トピックス その他

標高1,400メートルに泳ぐ成長への願い 清里高原 清泉寮にて『鯉のぼり掲揚式』を開催

画像1

山梨県 清里高原の代名詞、清泉寮ソフトクリームと宿泊施設「清泉寮」を運営する公益財団法人キープ協会(山梨県北杜市)は、4月13日(金)、清泉寮本館前にて鯉のぼり掲揚式を行った。清泉寮が鯉のぼりを掲揚するのは、1938年の創設以来初めてのこと。

当日は清里聖ヨハネ保育園の園児らが式に出席し、ロープを力いっぱい引いて鯉のぼりを揚げ、風にのって空高く泳ぐ鯉のぼりに歓声を上げていました。園児たちは、口々に「気持ちよさそうだね」「わたしは赤いのが好き」などと口走り、全員で童謡「こいのぼり」を歌い、来たる端午の節句を祝いました。

すっきりと澄み渡った青空と、銀色の雪帽子をかぶった八ヶ岳を北側に、雄大な富士山を南側にして泳ぐ鯉のぼりは見ごたえ抜群で、式後にはスマートフォンを片手に写真撮影をする観光客の姿も多く見られました。

画像2