>  > 【書籍情報】子育てサークルの現役ママ10名が手がけた育児本 『2歳児サバイバルライフ』

コラムColumn

一覧へ戻る
その他

【書籍情報】子育てサークルの現役ママ10名が手がけた育児本 『2歳児サバイバルライフ』

-~ママによるママのための横から目線の育児本~

画像1

仙台市で子育てサークル支援活動を行う「太白区育児サークル応援隊たい子さん」の呼びかけで集まった現役ママ10名による横から目線の育児本『2歳児サバイバルライフ』を、2018年3月9日(金)に全国の書店にて発売する。

本書は、「太白区まちづくり活動助成事業」として仙台市太白区家庭健康課とまちづくり推進課の協力・助成により制作された。太白区には、転勤族が多いにも関わらず転入時に配布できるような子育て情報誌がないこと、「子どもを叱りすぎているかも」「子どもとの遊び方がよくわからない」と感じているママが大勢いることなど、子育て関連の多くの問題がありました。そこで、「太白区育児サークル応援隊たい子さん」が「育児サークル直伝!2歳児の子育てプロジェクト」として助成事業を申請し、承認されたことでスタートしたのが『2歳児サバイバルライフ』。「0~5歳児の子育てが少しでも楽になるヒントが欲しい!」というたくさんのママたちの願いから作られた育児本です。

本書を制作するに当たり、「2歳児の子育てを楽しむ本制作委員会」を発足し、実際に2歳児を子育て中の現役ママを含む、専業主婦、育休中のワーキングマザー、元幼稚園教諭・保育士、子育てサロン主宰ママ、元助産師など多種多様な経歴を持つ主婦10名が参加して、3年の年月をかけて企画・取材・執筆・編集を行った。

自費出版された現役ママによる横から目線の育児本は、仙台ではテレビ・新聞・ラジオで取り上げられるなど話題となり、去年末には、NHK仙台の情報番組「ひるはぴ」にて、2017年ひるはぴブック大賞「自費出版大賞」を受賞。そして今回、同じ悩みをもつ多くの子育てママに届いてほしいという願いを込めて、全国の書店で発売されることになった。

■内容紹介
150名の現役ママやパパの声から集めたノウハウを、わかりやすいランキング形式でご紹介。幼児教育や発達心理学の専門家のアドバイスを盛り込みながら、困難なイヤイヤ期の乗り越え方のヒントを、実例を交えながら掲載。
第1章:2歳児の実態をリアルに紹介
第2章:2歳児のママの実態をリアルに紹介
第3章:みんなで乗り切る!2歳児子育てサバイバルヒントを紹介

■著者プロフィール
「2歳児の子育てを楽しむ本制作委員会 With 太白区育児サークル応援隊たい子さん」
仙台市太白区で活動する「太白区育児サークル応援隊たい子さん」が、仙台市太白区まちづくり活動助成事業に応募・採用された「育児サークル直伝!2歳児の子育てプロジェクト」の一般公募で集まったメンバーで構成されています。実際に2歳児を子育て中の現役ママを含む、専業主婦、育休中のワーキングマザー、元幼稚園教諭・保育士、子育てサロン主宰ママ、元助産師など多種多様な経歴を持つ10名です。

■商品概要
名称:2歳児サバイバルライフ
著者:2歳児の子育てを楽しむ本制作委員会 With 太白区育児サークル応援隊たい子さん
定価:1,111円(税別)
規格:A5サイズ、128ページ

https://www.amazon.co.jp/dp/4908154104/