>  > ーー《乳児保育の質に関する研究の動向と展望》ーー

コラムColumn

一覧へ戻る
経営・環境 健康・発達心理

ーー《乳児保育の質に関する研究の動向と展望》ーー

画像1

ーー《乳児保育の質に関する研究の動向と展望》ーー

発達保育実践政策学センター 野 澤 祥 子
同 上 淀 川 裕 美
同 上 高 橋 翠
教育心理学コース 遠 藤 利 彦
教職開発コース 秋 田 喜代美

・幼児教育と幼児教育の品質に関する国際研究の検討
(野沢幸子, 淀川由美, 高橋みどり, 遠藤俊彦, 秋田清美)
歳未満の子供たちの歳の子供たちが, 多くの国で上昇しています.
日本も含めて. 現在, 幼児や幼児教育の質の重要性は広く注目されており, 政策や実践の根拠として実証的な研究が行われている. この論文は幼児や幼児教育とケアの質に関する研究を検討している. このレビューは, 幼児, 幼児教育, ケアの品質に関する研究の歴史(2)プロセス品質の測定のためのスケール(3)プロセス品質の影響を受けている(1) 子供の開発, そして(4)プロセスの品質を予測する要因. 結論として, 日本における将来の研究が議論されている.

《目次》
1 問題と目的
A 乳児保育をめぐる現状
B 「保育の質」をめぐる議論
2 保育の質に関する研究の歴史
3 保育の質を捉える視点と乳児保育の質評価尺度
A 保育の質を捉える視点
B 乳児保育の質評価尺度
4 乳児保育の質が子どもの発達に与える影響
A アタッチメント
B 社会情動的発達
C 認知・言語的発達
5 保育プロセスの質に関連する要因
A 構造の質
B 実施運営の質
C 教育の概念と実践
D 社会・文化・政治的文脈
6 全体考察

本稿では,保育の質に関する量的研究について,特に乳児(3歳未満児)保育に焦点を当て,以下の点について先行研究を整理・概観する。
① 保育(特に乳児保育)の質を量的指標により把握・検討する研究はどのように発展してきたのか(2章)。
② 乳児保育の質評価尺度において,乳児保育の質はどのように捉えられているか(3章)。
③ 乳児保育の質は,子どもの発達にどのような影響を与えるか(4章)。
④ 保育プロセスの質は,保育の質の他の側面とどのように関連しているか(5章)。
その上で,今後,日本の乳児保育の質に関する実証研究を進めていく上での課題と方法について考察を行
う。

http://www.cedep.p.u-tokyo.ac.jp/efforts/