>  > タッチで変わる、乳児の脳 !

コラムColumn

一覧へ戻る
健康・発達心理 その他

タッチで変わる、乳児の脳 !

--他者から触れられる経験が脳の学習力に与える影響-

画像1

京都大学 ・科学技術振興機構プレスリリース

タッチで変わる、乳児の脳
-他者から触れられる経験が脳の学習力に与える影響-

発達初期の乳児にとって、他者との身体接触を介した関わりは社会的な絆を強め,乳児の心身の成長に重要であると指摘されてきました。しかし、身体に触れられるという経験が、乳児の脳発達に具体的にどのような影響を与えるのかについてはわかっていませんでした。京都大学・明和政子 教育学研究科教授の研究グループは、田中友香理 教育学研究科研修員らとともに、大人と身体接触を介した/介さない関わりを行った場合の生後7ヶ月児の脳活動を計測しました。その結果、「身体に触れられずに単語を聞いた」場合に比べて「身体に触れられながら単語を聞いた」場合に、より高い脳波活動が見られました。また、大人から身体に触れられた時によく笑顔をみせた乳児ほど、その単語を聞いた時に高い脳波活動を示しました。これらの結果から、他者に身体を触れられる経験が乳児の脳活動に影響を与えることが明らかとなりました。

この研究成果は、2017 年 12 月 15 日、Developmental Cognitive Neuroscience オンライン版に掲載されました。

京都大学HP

リリース情報はこちらをご覧ください