>  > 《学研が調査》2017年のお年玉、いくらもらった?

コラムColumn

一覧へ戻る
遊び・トレンド その他

《学研が調査》2017年のお年玉、いくらもらった?

画像1

㈱学研ホールディングス学研教育総合研究所は、『白書シリーズ』として幼児(幼稚園児・保育園児)・小学生・中学生のリアルな日常生活を調査している。
今回調査項目の一部である「お年玉」の結果速報をWEBサイト上で発表した。

『白書シリーズ』とは・・・
幼児(3~5歳)・小学生・中学生は家や園、学校でどのような暮らしをしているのか、また好きな色や教科、将来何になりたいのかなど幅広く調査し、その結果をもとにリアルな子どもの“今”を発信している。


『幼児白書』
◆3~5歳児がもらったお年玉の平均総額は15,024円!
幼児(3~5歳の幼稚園児・保育園児)が2017年にもらったお年玉の平均総額は15,024円であった。最も多い金額帯は「5,000~10,000円未満」(16.3%)で、次いで「10,000~15,000円未満」(16.1%)、「20,000~25,000円未満」(15.2%)と続いた。

注目すべきは、約10人に1人以上が「なし(もらっていない)」(10.5%)と回答している一方、平均総額の倍以上の金額(30,000円以上)をもらっている子どもが5人に1人近く(17.6%)いたことだ。お年玉をもらった人数やそれぞれの金額を考慮する必要があるものの、幼児にお年玉をあげるかどうか、いくらあげるのか、については周囲の考え方によって大きく差が生じていることがわかる。
幼児白書の詳しい調査結果はコチラ⇒]

『小学生白書』
◆平均総額はここ数年増加傾向の19,386円!使い道の第1位は「貯金」
小学生が2017年にもらったお年玉の平均総額は19,386円であった。2015年度(平均総額17,578円)、2016年度(平均総額19,056円)と比較すると、この3年間で増加傾向にあるといえる。
お年玉の使い道は、「貯金」がダントツの83.3%だった。男女間で大きく差が開いた項目は「ゲーム機・ゲームソフト」(男子27.7%、女子10.8%)、「文房具(ステーショナリー)」(男子3.5%、女子15.2%)が挙げられる。学年間では、6年女子の「洋服などの衣類」(5年女子6.7%→13.2%)や「アクセサリー」(5年女子6.7%→12.1%)がそれまでの学年との差が大きく、身だしなみに気を遣う姿が垣間見える。
小学生白書の詳しい調査結果はコチラ⇒

『中学生白書』
◆中学校への進学で、お年玉の金額もアップ!
本調査では、お年玉を「もらっている」と回答した割合は95.0%で、その平均総額は26,529円だった。平均総額は学年が上がるにつれて増え、とくに2年生から3年生では4,270円の増額となった。加えて、小学6年から中学1年にかけても3,567円増額しており、小学6年生以降はそれまでの進級、進学時よりも大きな幅でお年玉の金額が増える傾向にあることがうかがえる。
中学生白書の詳しい調査結果はコチラ⇒

*********************************************************************************
【白書シリーズ2017』調査概要】
■調査方法:インターネット調査
■調査時期:2017年8月24日(木)~8月29日(火)
■調査対象者:
『幼児白書』(幼稚園・保育園に通う3~5歳の男女とその保護者)
『小学生白書』(小学1~6年生の男女とその保護者)
『中学生白書』(中学1~3年生の男女とその保護者)

■有効回答数:
『幼児白書』: 1,200サンプル(幼稚園・保育園 各600サンプル)
(各年齢男女100名ずつ)
『小学生白書』:1,200サンプル(各学年男女別100名ずつ)
『中学生白書』:600サンプル(各学年男女100名ずつ)
*********************************************************************************