>  > 初の日本数学検定「かず・かたち検定」の対応ドリル「4~6歳 かず かたち すいり」が刊行

コラムColumn

一覧へ戻る
教育

初の日本数学検定「かず・かたち検定」の対応ドリル「4~6歳 かず かたち すいり」が刊行

-~6歳までに楽しみながら「算数脳」を育てる~

画像1

初の日本数学検定「かず・かたち検定」の対応ドリル「4~6歳 かず かたち すいり」が、2017年10月12日(木)に刊行される。これは、公益財団法人日本数学検定協会が実施している「かず・かたち検定」び対応する初のドリルです。

「かず・かたち検定」とは、実用数学技能検定の幼児をおもな対象とした検定のことで、ゴールドスターとシルバースターの2つの階級があり、2016年度はのべ3,511人が受検しました。
小学校に入学するまでに算数の基礎となる「かず」と「かたち」に触れることはとても重要です。なぜなら、小学校に入ってから、算数の学習に積極的に取り組む姿勢につながるからです。「かず・かたち検定」を受検することで、将来必要となる「かず」と「かたち」の概念が身についているかを確かめることができます。

今回刊行される「4~6歳 かず かたち すいり」は、幼児さんすう分野の「かず」「かたち」「すいり」の3ジャンルから、バリエーション豊かな問題を収録されており、さまざまな問題に触れて楽しく学習することで、脳に刺激を与えて考える力を伸ばすことにつながります。さらに、数字を書く練習や、計算練習だけでは身につかない論理的思考力や洞察力を養い、「算数脳」を刺激。「算数脳」が刺激されると、身近にあるいろいろなことが「算数」とつながっていることがわかり、算数への意識が変わっていきます。また小学校に進学して算数の問題に触れたときでも、柔軟な発想で、自力で答えを導きだせるようになります。





画像2
画像3