>  > プログラミング教育の最初の一歩~未就学児からの楽しい学びの作り方~

コラムColumn

一覧へ戻る
教育

プログラミング教育の最初の一歩~未就学児からの楽しい学びの作り方~

-シンポジウムサイトにて 申込受付を開始!11月7日(火)東京大学にて開催

画像1

未来を生きる子どもたちにとって楽しい学びを考える、次世代幼児教育研究プロジェクトは、11月7日(火)に小学校・幼稚園の教員を対象に東京大学で開催するシンポジウム 『プログラミング教育の最初の一歩~未就学児のからの楽しい学びの作り方~』 の申し込み受付を開始する。

次世代幼児教育研究プロジェクト シンポジウムサイト
https://www.e4t.jp/


これからを生きる子どもたちに必要な学びとは何か、未就学児の子どもたちにとって大切な“最初の一歩”をどのようにつくり、発展的な学びにどうつなげていくか。第一回目となる本シンポジウムでは、日々関心の高まるプログラミング教育に焦点をあてます。当日は、プログラミング先進国であるイギリスで生まれ、STEAM教材として各国の教育現場で活用されているプリモトイズ キュベットの創始者、フィリッポ・ヤコブによる基調講演のほか、幼稚園、小学校の現場で子どもたちの変化をつぶさに見ている先生方を交え、子どもたちがあふれる創造力を駆使して楽しめるプログラミングのあり方を、出席者のみなさまとともに考えます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
《プログラミング教育の最初の一歩 ~未就学児のための楽しい学びの作り方~》

日時:2017年11月7日(火)18:00~19:30 (17:00~体験会を実施)
会場:東京大学福武ホール 地下2階 福武ラーニングシアター(東京都文京区本郷7-3-1)
内容:1. 基調講演 「遊びながら学ぶ最高の形とは」
英国 プリモトイズ キュベット 代表 フィリッポ・ヤコブ
2. ワークショップ
未就学児からのプログラミング - プリモトイズ キュベット
だれでも遊べるプログラミング – Viscuit 他
3. パネルディスカッション
NPO法人CANVAS理事長 石戸奈々子
Viscuit開発者 原田康徳 氏
社会福祉法人 東香会 しぜんの国保育園 園長 齋藤紘良 先生
小金井市立前原小学校 校長 松田孝 先生、 他
対象:幼稚園の先生、小学校の先生、教育関係者、保護者
参加費:無料

主催:次世代幼児教育研究プロジェクト
共催:NPO法人CANVAS
協賛:プリモトイズ 本販売総代理店 キャンドルウィック株式会社
後援:在日英国商工会議所 他
※内容は変更になる可能性があります。

次世代幼児教育研究プロジェクト(Early Education For Tomorrow: E4T)

大量の情報が行き交う複雑化した現代社会の中で、子どもたちは想像力を働かせ、論理的に考える体験を重ねることで、“先の予測が難しい未来を生きる力”を身につけることが求められています。本プロジェクトは、子どもたちの自主性をサポートし、試行錯誤する楽しさを伝え、自ら何かを創り出す力を実感できる学びのあり方を研究するため、NPO法人CANVASと、幼児向け製品の広報などを手がけるPR会社キャンドルウィック株式会社によって、2017年に設立されました。これからを生きる子どもたちに必要な学びとは何か、また、教育関係者及び保護者が、どのように学びの場をつくることができるのか、「論理的思考」「創造性」「コミュニケーション」「問題解決力」の4つの要素を主軸に、主に未就学児から小学校低学年の子どもたちを対象とした、理想の学びの提案を致します。