>  > 4-6歳の子どもたちの1日の平均仕上げ磨き実施回数は1.6回

コラムColumn

一覧へ戻る
健康・発達心理 教育 保育関連トピックス

4-6歳の子どもたちの1日の平均仕上げ磨き実施回数は1.6回

画像1

幼稚園児を対象としたイベント・あんふぁん夏フェス2017で、『こどもハミガキ上手(液体ハミガキ・丹平製薬)』と、『ナチュラルスマイル西宮北口歯科(兵庫県西宮市)』によるコラボ企画、『こどもハミガキ上手presentsハミガキ教室』が行われた。
子どもたちに楽しみながら正しいハミガキ習慣を身につけてもらうことを目的として、子どもの体験型企画「ハミガキクイズ」や「歯医者さん体験コーナー」も行った。


ステージショーでは、スクリーンに登場した4歳の女の子・はな子ちゃんのお口の中で、虫歯を作ろうと、大きなスコップを持ってやってきたバイキン君。それを見たはな子ちゃんのママは、ナチュラルスマイル西宮北口歯科の児玉先生に助けを求めます。バイキン君は、出題するハミガキクイズに子どもたちが答えられれば、お口から出て行ってやる!と宣言。子どもたちは児玉先生と一緒にクイズに答えていきます。「朝と夜、どっちが虫歯になりやすい?」「ハブラシで力いっぱいこすると歯の汚れはよく落ちる?」「虫歯になりやすいところは、図の白いところ?それとも赤いところ?」など、クイズには子どもたちによ~く覚えておいてもらいたいポイントが盛りだくさん。子どもたちは大きな声で答え、見事すべてのクイズに正解し、バイキン君をやっつけることができました。

また、子どもたちが白衣を着て歯の模型で正しい磨き方を練習する、大人気の歯医者さん体験コーナー。白衣を着てすっかり歯医者さん気分になった子どもたちは、歯の模型を使って、歯科衛生士さんからレクチャーを受けます。「赤いしるしが付いているところは、歯と歯の間や奥歯のくぼみ。特に虫歯のできやすいところだからしっかり磨いてね。」と教えてもらいながら、真剣にハミガキをしていました。

参加した4-6歳の子どもを持つママに対して行ったアンケートでは、ママたちは、子どもたちの仕上げ磨きを1日平均1.6回実施しているということがわかりました。中には、毎食後仕上げ磨きをしているというママが1割も。また、仕上げ磨きの際にしている工夫として、「歌を歌いながら楽しくする」といった点のほか、「フロスや歯間ブラシを使用する」というママのコメントが多く見受けられ、虫歯になりやすい歯と歯の間に対するケア意識の高さが伺えた。




画像2
画像3