>  > ノートの表紙になって届いた“わが子”の笑顔に感動『スマイルノート』

コラムColumn

一覧へ戻る
保育関連トピックス その他

ノートの表紙になって届いた“わが子”の笑顔に感動『スマイルノート』

-四日市、伊丹の幼稚園に顔写真入りノートをプレゼント

画像1

着物の販売・レンタルやフォトスタジオ事業を行う、株式会社京ろまん(奈良市)は、運営するフォトスタジオ『FIRST STAGE(ファーストステージ)』で、幼稚園の卒園式に、笑顔の写真を表紙にした『スマイルノート』を無償提供している。

今年は、三重県四日市市で3カ所、兵庫県伊丹市で1カ所と、合計4カ所の幼稚園で写真撮影をし、3月15日~17日の卒園式で完成したノートを園児たちに贈る。
京ロマンでは、『スマイルノート』をプレゼントする2016年度の卒園生は585名。5年間でトータル7,500名にも及ぶ。


『スマイルノート』とは、長野のグラフィックデザイナー加藤竜也氏が、地域の子どもたちの笑顔が増えるよう「地域未来の創造」を目的とし始めたサービスで、将来への夢、両親や先生の願いを書き込んだ夢がつまったノートで、表紙モノクロ仕上げ・B5版ノート・無地36ページです。


卒園式で『スマイルノート』を見た親は「こんな表情で過ごしているのか」「いつもの甘えん坊ではない、少し大人っぽい表情に見える」など、あらためて子どもの成長を実感する機会になっているとの事。
親は家での子どもの様子は知っていても、親がいないときの姿を見る機会はほとんどありません。親には甘えていても、幼稚園でコミュニケーションをとりながら少しずつ大人になっていることを、写真の表情から読み取れます。

京ロマンでは、七五三、入学式、卒業式、結婚式、出産など、写真撮影を通じて、記念日をプロデュースしているが、スマートフォンが普及し、気軽な撮影ができる現代だからこそ、単なる写真を撮影するだけのスタジオではなく、人生の大切な記念日を素晴らしい思い出として残す『アニバーサリーライフプランナー』であることを目指している。




画像2